カテゴリー別アーカイブ: 地方活動(草の根・ほりおこし活動)

第1次派遣団報告(5/6~5/13)

第1次派遣団報告(5/6~5/13)

・団員 計19名参加

第一次派遣団(五月六日~五月十三日)

四月十四日、熊本県を中心とする九州地方で大規模な震災が発生した。連合本部では、地方活動事業の災害救援支援活動の中身として取り組むこととし、「KYA災害復興支援団」(※KYA…Konkokyo Youth Associationの略)を結成して本格的な支援活動を展開する運びとなった。
 五月六日(金)、第一次派遣団本部組七人がご霊地へ集合、庁舎一階ホールにおいて教務総長にご臨席を頂き出発式を行った。その後、本部広前で御祈念、お届けを行い、十六時に金光を出発し、熊本を目指した。
 五月七日、現地本部の熊本県南関教会へ到着、本部設営を行い、早速活動を開始した。今回の作業現場は、被害の大きかった山西教会と松橋教会の二カ所で、はじめに熊本市内より東に位置する阿蘇郡西原村にある山西教会へ入った。
 山西教会へ向かう途中、熊本市内に近づくにつれ、地震の影響で道が凹凸して速度制限があり、また見る建物は破損ひび割れ、目に入るすべてが震災の爪痕であり、震災後の新聞・ニュースで見ていた以上の景色が広がっていた。
 西原村に近づくと、一見自然豊かな平穏な場所にも見受けられたが、至るところに道の破損や畑のひび割れが見られた。また、村の建物に赤・黄・緑の張り紙がしていた。特に赤い張り紙が多く見られたが、これは「立ち入り危険」の表示である。
 山西教会では、教会内の備品の搬出作業と廃棄物の運搬等を行った。また、教会のご近所の方の家の壁の撤去、小屋の解体を行った。
 支援団も一班三~四人で三班に分かれての作業となり、松橋教会での作業も日増しに増えていきながらの活動となった。瓦屋根の破損が多く、防水対策・修繕を行う中、二日間ほど雨にも見舞われたが、期間後半は、天候のおかげを頂き、依頼された方の作業を済ませることが出来た。

今回、第一次派遣団として被災地に入り、「出来るだけのことを」との思いで活動させていただき、一週間と限られた中での活動、一日の限られた時間、限られた人員の中ではあったが、お繰り合わせの中、終了となった。帰りの道中思うことであったが、「これで良い」と思うことはないが、次の第二次、第三次の派遣団へとつながる働きになることを願う。支援活動としていく中、現地での皆様にお心遣いを頂きながら、また、各教会の復興を祈願させていただいての日々であったと思う。
 「KYA災害復興支援団」へ、一人でも多くのお役に立つ若者の参画を心より願っています。(報告・長野真護)

5月6日

出発式…教務総長、総務部長、河崎次長出席
16時に出発

5月7日

起床、朝食後、
南関教会到着、御祈念後、設営作業。安武光太郎合流
1班…・山西教会へ教会内の不用品の廃棄(西原村民グランド)
・西原村ボランティアセンターにて話し合い
内容…不明団体との識別のため、連絡を取りながら支援活動を進める
・山西教会隣家のF宅のがれき撤去(トラック一杯分)
・松橋教会からプレハブ設置の準備として、樹木植え替え、畑の整地
2班…南関教会にて作業

5月8日

1班…松橋教会、隈庄教会、熊本教会へ参拝

2班…山西教会片づけ、F宅のがれき撤去作業

5月9日

      
1班…松橋教会、健軍教会参拝
2班…西原村のS氏宅、住宅回りに出来た隙間への砂利埋め
松橋教会にて不要品の廃棄作業

5月10日

南関教会月例祭参拝

5月11日

・松橋教会 作業

・松橋信徒宅 作業


5月12日

       
・松橋信徒宅 屋根瓦降ろし作業

少年少女の育成を考える『信奉者のつどい』を開催(2016年度)

平成28年ご本部天地金乃神大祭第1日の祭典終了後、信奉者のつどい

講 師   安武 光太郎 師 (熊本県 人吉教会)

講 題  「み教えを本(もと)に」

(4月3日、於:修徳殿講堂)

この度の信奉者のつどいでは「み教えを本(もと)に」という講題のもと、後継に入られた人吉教会での御用の事、連合本部理事の御用の事、また育成活動の願いの事等、ご自身が歩まれ、ご経験されたお話をもとに、育成活動の大切さを分かりやすく丁寧に教えて頂きました。
 また、お話しくださる先生のお姿に、先生のご信心そのものが現れ、私達も先生のご講話を通して、自らの育成に対する信心姿勢を見つめ直す機会ともなり、何より元気を頂くことができました。

 

「熊本地震」における「災害支援活動」のお願いについて

「熊本地震」における連合本部事業「災害支援活動」のお願いについて(4月22日現在)

日々お道の少年少女育成に、ひとかたならぬお祈り添えと御協力を頂いておりますこと、厚く御礼申し上げます。
さて少年少女会連合本部では、このたびの「熊本地震」に対しまして、去る
4月22日、緊急の常任理事会を開催し、連合本部事業・地方活動の中身である、災害救援支援活動として取り組むことを決定いたしました。
また、支援を行うための活動拠点を金光教南関教会内(熊本県玉名郡南関町)
に設置し、5月6日から活動を開始することを決定いたしました。※派遣団報告記事はこちら
つきましては、「熊本地震」における人的支援活動を、別紙の日程から開始するにあたり、奉仕者を募集いたしますので、連合本部の願いを御理解いただき、御協力・御奉仕くださいますよう、よろしくお願い申し上げます(1名からの申し込みも可能です)。
 また、支援日程については、別紙のスケジュール表をご参考に、奉仕への計画を立てて頂きたいと存じますが、スケジュール表は第7次派遣団までの募集(奉仕)期間を記載しており、7月以降の募集は、当機関誌「わかば」等で広報いたしますことをご了承ください。
 財的支援におきましては、活動支援金として、下記の通り、受け付けますので、御協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、この度の支援活動におきまして、現時点では支援物資の募集は行いませんので、ご了承ください。

         記

「熊本地震」における復興支援活動費のお願い
口座名  金光教少年少女会連合本部支援係
振込口座 ゆうちょ銀行 01280-0-16809
使用用途 輸送費、資材費、保険費、食費等
※募財期間は活動終了時までとし、年度末に決算し、協力者に報告致します。

連絡先:金光教少年少女会連合本部(KYA)・地方活動係
    現地本部の携帯電話番号 090-5709-4556

期間一覧表2016年6月~8月・期間一覧表2016年6月~8月ダウンロード

○募集(奉仕)期間、装備品、申込み用紙 こちらからダウンロード

『育成懇談会』開催 報告

全隈教会にて育成懇談会を開催

講師 安武 隆雄

(4月12日、於:金光教全隈教会、参加者 約80名)

金光教全隈(またくま)教会からの依頼を受け、少年少女会育成懇談会として連合本部から2人が出向した。
金光教全隈教会の天地金乃神大祭、祭典後の時間を育成懇談会として開催。
これから教会あげて少年少女会活動を始めるにあたり、信奉者の育成への機運を醸成するための開催であり、5月開催予定(同全隈教会にて)の講習会へ向けての前段でもある。
主に、「大人として、親として、子供への眼差しは、信心させて頂く者としてどうあればよいか。」「教会という、人が育つ『場』を作り上げることが大人の役目ではないか。」など、育成を行う上で大切になるところを話された。
参加者のみなさんには、熱心にお聴き頂き、育成に取り組みたいという思いを絶大に感じた。