金光シーカーズ 2021年10月 電動工具講習

10月17日、胎金寺野営場にて、御用でも使用する工具について、
それらの仕組みや使い方、メンテナンスの講習を受け、その後、実習を行った。工具はチェーンソー、草刈り機を学び、また、
ロープワークの中のトラック結びも今回知識を深めた。
午前中は、資料を見たり、実際の工具を手に取りながら構造を確認したりばらしたりして講義を聴いた。
午後は午前中に学んだことを活かし、実際に野営場で実際の工具を使って作業を行った。皆、積極的に工具に触れ、真摯に作業に取り組んでいた。
参加者の中には、「なんとなくで使っていた工具やロープワークだったが、今回理論的なことを丁寧に教えてもらって理解が深まり、良かった」という声が多かった。
最後の代表挨拶では、「今日学んだことを今日で終わらせず、今後の御用に積極的に活かしていってほしい」という思いが話されていて、皆も前向きな様子であった。
1日の活動であったが、良い集中力を保ち今後につながる充実した活動になったのではないかと思う。

・参加人数  3教会11人、事務局2人

第74回大会報告&大会ギャラリー

第74回大会報告

 教主金光様のお祈り添えを頂いて、八月八日、「つながれ」をテーマに、第七十四回少年少女全国大会を開催しました。
 今年も新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、当初は一日型で代表者二名参拝、行事はわかば祭、作品展覧会、年代別キャンプの開設という形態で準備を進めてきました。しかし、直前で感染が拡大たため、所管部との協議の末、代表者参拝は取りやめ遥拝(無参拝)、年代別キャンプは開設中止となりました。
 そのような中においても、わかば祭には教主金光様御夫妻の御臨席を賜り、御言葉を賜りました。また、境内には願いのまま、通常に近い装飾をさせていただきました。
 当日は役員で金光様のお出ましをお迎えし、十二時から会堂広前において開会式、続けて祭場へ移動し殿上で開会セレモニーが行われました。そして十三時からわかば祭が厳粛に執り行われました。
 祭典では取次唱詞、まごころ運動奉奠に続いて、金光様ご夫妻がご入場され、金光様より全国のわかば達にお言葉を頂きました(後掲)。続く式典では、大会旗・会旗群の入場に続いて、継続登録会、努力目標入選者、年代別キャンプ継続参加者、チャレンジカードの各代表者がそれぞれ表彰されました。
 そして、来年の大会への再会を願う閉会セレモニーを行って、全奉仕者が出席して金光様のお退けをいただいて、大会の全日程を終了しました。
 来年の大会には、みんなの思いがつながり、パレードや夜まつり、各常設行事といった通常の大会が開催できるよう、祈りを込めて諸準備を取り進めていく所存です。
(報告・大会事務局)

第74回少年少女全国大会において、一年間の努力目標が定まりました。
下記にお知らせいたしますのでどうぞお取り組みください。

努力目標 「ありがとうの気持ちでつながれ!」
大会テーマ 「つながれ」

 
★全国大会の様子を金光教本部ホームページにおいて、9月30日まで視聴することができます。 http://web-konkokyo.info
★作品展覧会の様子をこちらから視聴できます。どうぞご試聴ください。 → https://youtu.be/3cSwijZkZ_o  

第74回大会ギャラリー