カテゴリー別アーカイブ: プロフィール

わかばのカルタ 絶賛販売中!!

「わかばのカルタ」 今夏、絶賛販売中!!

カルタ遊びを通して、お道のみ教えにふれあいませんか?

お子様方へのプレゼントに、会活動や子ども会の活動に、ぜひご活用ください!!

現在、金光教徒社と少年少女会連合本部事務局(本部教庁7階)にて販売中です!!

・1部800円(税込)
・サイズ、内容詳細
かるた読み札・絵札サイズ・・・縦9.5cm×横7cm
外箱サイズ・・・15.3cm×11cm
読み札:「あ」から「ん」まで45枚 ※「を」は無し
絵 札:「あ」から「ん」まで45枚 ※「を」は無し

ホームページからのご注文はこちら

☆発送も承っております。

※お支払いは少年少女会連合本部事務局にお越しいただくか払込用紙にて郵便振替となります。
※送料、払込手数料等は購入者負担となります。

連合本部概要

住    所〒719-0191 岡山県浅口市金光町大谷320
お問い合わせTEL:0865(42)2172  FAX:0865(42)9172
E-mailrenpon@konko.jp
ホームページhttp://renpon.jp
承認年月日1949年(昭和24年)4月15日
代  表  者理事長 牛尾弘德(うしお ひろのり)
目       的  連合本部は、金光教の教旨に基づき、本運動の原則に従って、教会少年少女会並びにその連合体に対し、必要な連絡調整及び育成指導を行う。もって、教会少年少 女会の充実発展、また、全教の各教会で少年少女が育つ働きの推進展開に務め、少年少女会活動の実をあげることを目的とする。
事 業 内 容連合本部は、目的を達成するために、次に掲げる事業を行う。
1 少年少女会運動の啓発普及及び発展に関すること。
2 少年少女の訓育指導、進歩成長に関すること。
3 指導者の養成及び訓練に関すること。
4 各種行事の開催に関すること。
5 『わかば』(連合本部月刊紙)の編集発行及び教材の研究開発に関すること。
6 各会及び内部組織の活動推進に関すること。
7 教内外の団体との連携に関すること。
8 うえに掲げるもののほか必要な事業。
事 業 方 針 少年少女会連合本部では、金光教少年少女会運動への取り組みをとおして、教会で少年少女が育つ働きが、各地に着実に展開することを願い、その実現のため次の2点を主眼として事業を進める。
1、草の根・ほりおこし活動(地方活動の推進)
 活動を始めたい、活動をより展開したい教会及び地域連合体に対し、長期にわたり具体的な支援を行う活動
2、育成に勢いをつける活動(少年少女全国大会を担い合う)
 少年少女全国大会を中心に、みんなで支えあい、励まし合う中で刺激を受け改めて元気を出して育成に取り組み、次代を担う人材を育成する活動
この2つの重点項目を実施するため、それを支える各種の活動を行う。

金光教少年少女会連合本部役員名簿

任期(平成29年2月1日~平成32年1月31日)

役職名 教 区氏 名教会名
理事長西近畿牛尾 弘德福 崎
副理事長東 海川西 浩之焼 津
副理事長西近畿原田恵一郎常盤木
北海道中村 祥多稚 内
東 北御船 信治仙 台
関 東菊池 瑞昭全 隈
信 越松鷹 真彰万 代
中近畿明渡 清志泉 南
中近畿高橋 政広扇 町
中近畿原田 道一十津川
西近畿牛尾 弘成西明石
東中国高橋 修一岡 東
西中国宮野 寿下関北
西中国木村 雄二
四 国秦 晋介松山東
四 国長野 真護貞 光
北九州安武 松一甘 木
北九州松田 清一南八幡
北九州砂野真一郎前 原
南九州安武光太郎人 吉
シルバーチーフ東中国秋山 実雄天 瀬
監 事西近畿成田 真一御 立
中近畿水野 真信豊中南
四国山本 真紀上 城
相談役金光 善行本 部
金光 清治本 部
安武 道義甘 木
湯川 正夫玉 水

(注1)○印は常任理事

金光教少年少女会連合本部 各種委員会等名簿

任期(平成29年2月1日~平成32年1月31日)

 氏  名教会名
大会委員会明渡 清志泉 南
長野 真護貞 光
安武光太郎人 吉
牛尾 弘篤福 崎
常任理事
遠征委員会川西 浩之焼 津
吉岡 隆道福 崎
牛尾 弘成西明石
牛尾 弘正福 崎
地方活動委員会安武 松一甘 木
宮野 寿下関北
菊池 瑞昭全 隈
広報委員会横山 勇喜雄宮 窪
高橋 政広扇 町
高橋 修一岡 東
吉田 明生福 崎
総務委員会安武 隆雄甘 木
松田 清一南八幡
秦 晋介松山東
砂野真一郎前 原
牛尾 弘正福 崎
牛尾 弘成西明石
原田 道一十津川
指導者養成委員会秋山 実雄天 瀬
牛尾 弘德福 崎
安武 松一甘 木
砥綿 信仁福岡高宮
訓育委員会牛尾 弘德福 崎
秋山 実雄天 瀬
砂野 昌子前 原
木村 雄二
砥綿 信仁福岡高宮
青年活動委員会松田 清一南八幡
高橋 修一岡 東
御船 信治仙 台
常任理事

連合本部事務局 (〒719-0191岡山県浅口市金光町大谷320)

事務局長秦 浩治余 土
事務局次長柏原 祐二郎中 庄
事務局次長手島 裕二福 間
事務局員片岡 義智向島西
事務局員牛尾 弘宗福 崎
事務局員田中 よしえ天 道

平成31年度 年間事業予定表

期 日会 議 ・ 行 事 等
1/7事務局御用始め
1/8-9常任理事会①
1/11会計監査
1/16-17、28-29学院講義
1/19-20金光シーカーズ(初会)
1/23-24常任理事会②
1/24-25第159回理事会
1/25-26平成31年度年次全国総会
1/28わかば育成賛助会会計監査
1/30-31学院集会実習
2/1-2学院冬季野営実習
2/4学院講義&修了証授与式
2/4-5年代別キャンプスタッフ会議①
2/7わかば育成賛助会役員会①
2/8SB研BM課程第31期スタッフ入り
2/9-11SB研BM課程第31期
2/19-20大会実行委員会①
2/20-21遠征スタッフ会議①
2/23-24金光シーカーズ(雪中活動)
3/上広報委員会①
3/4-5常任理事会③
3/10少年少女会指導者講習会(北九州教区開催)
3/16-17第18回ワークキャンプ
3/16-17金光シーカーズ(ワークキャンプ参加)
3/22遠征スタッフ会議②(事前訓練準備)
3/23-25第11回少年少女遠征事前訓練
3/31信奉者の集い(天地金乃神大祭第一日)
講師:砂野真一郎師(福岡県 前原教会)
4/7金光シーカーズ(本部大祭御用奉仕活動)
5/19-21大会実行委員会②
5/22-24年代別キャンプスタッフ会議②
5/25-26金光シーカーズ(代表者会議)
5/29-31全隈バードメイト研修所
6/9わかば育成賛助会役員会②(教団独立記念祭時)
6/16大会事前作業(大会資材搬入)
6/16金光シーカーズ(大会事前作業参加)
6/16以降毎週日曜大会事前作業予定
6/26-28遠征スタッフ会議③
7/3-5年代別キャンプスタッフ会議③
7/6-8大会実行委員会③
7/14大会事前作業(野営場草刈り)
7/14金光シーカーズ(全国大会事前作業)
7/中全国大会作品展審査(書道、絵画、工作)
7/下学院講習会
7/29-31年代別キャンプ事前準備
7/31-8/3年代別キャンプ
8/1全体作業
8/1全国大会本部開き
8/3-4第72回金光教少年少女全国大会
8/5全国大会本部閉じ
8/13-17第11回金光教少年少女遠征
8/下広報委員会②
9/3-4常任理事会⑤
9/4-5第160回理事会
9/5-6連合本部設立70年記念事業報告会
9/11-12総務委員会
9/14-15少年少女会指導者講習会(西近畿教区)
9/28-29金光シーカーズ(本部大祭事前御用奉仕活動)
9/29信奉者の集い(生神金光大神大祭第一日)
講師:高橋修一師(岡山県 岡東教会)
10/12-13金光シーカーズ(遠征)
10/26-27シルバートレーニング
11/上遠征委員会
11/上大会委員会
11/上地方活動委員会
11/上青年活動委員会
11/15SB研AM課程第6期 スタッフ入り
11/16-17SB研AM課程第6期
12/8わかば育成賛助会役員会③
12/15金光シーカーズ(迎春準備)
12/下常任理事会
12/末事務局御用納め

第159回理事会及び平成31年度年次全国総会 開催(2019年度)

第159回理事会 開催

 1月24日~25日、金光北ウィングやつなみホールにおいて、第159回理事会を開催した。
この度の理事会は、翌日の総会を理事総会という形で迎えるための準備期間として、理事会としての懸案事項を協議したのち、翌日の全国総会のための打ち合わせ、会場設営、資料準備を行った。

平成31年度 年次全国総会 開催

 1月25日から26日にかけて、金光北ウィングやつなみホールにおいて、平成31年度の年次全国総会を、全国から少年少女会代表議員、教区代表議員、連合本部役員を招集し、計32名の出席のもと、平成30年度事業・決算報告、平成31年度の事業計画・予算案を審議・承認する場として開催した。なお、出席議員に忌憚のない多くの意見・提言を出していただくため、昨年より1泊2日で開催している。
開会式では、理事長挨拶の後、三浦義雄総務部長(西川良典教務総長代理)よりご挨拶を賜った。

 議事に入り、平成30年度事業報告では、事務局から日誌報告と公示の後、地方活動、中央活動(大会・年代別・遠征)、研修所、広報等の事業を各担当が報告し、事務局から決算報告、山本監事が監査報告を行った後、質疑応答へ移り、「全国大会の猛暑対策」「シーカーズの活動目標や一年間での登録数」「ホームページを積極的に活用するようになっての反応」「KYAの支援活動」等の質問や要望があった。審議の後、平成30年度の事業と決算についてそれぞれ満場一致で承認された。

 引き続き、平成31年度の事業計画案と予算案の審議を行った。牛尾理事長から今年度の事業方針として、二本柱を中心に添えつつ、育成現場に対する直接的なサービスの増強と、指導者養成事業強化の説明を行った。
続いて各担当より、地方活動、第72回全国大会、年代別キャンプ、第11回少年少女遠征、SB研修所、広報事業等、主な事業の詳細について説明、続けて予算案の説明を行い、審議は翌日へ引き継いで第1日目を終了した。

 2日目、9時から議事を再開し、質疑応答へ移った。ここでも前日同様、事業の具体的中身について「わかば祭の今後の時間変更」「かがやけ大行進コース変更後ののメリットデメリット」「育成懇談会の日程や最低人数」といった質問が相次ぎ、一つ一つ丁寧に説明した後、審議へ移り、事業計画案と予算案についてそれぞれ満場一致で承認された。

 次に第6号議案として金光教少年少女会連合本部結成70年記念事業について理事長が説明した。今年結成70年を迎えるにあたり、「少年少女会運動」の認知と今後の育成活動の展開を図るための事業を行うとして、以下の4点を提示。

  1. 「全教区育成展望懇談会」の開催
  2. ご霊地整備として、各野営場並びに木綿崎山の整備
  3. 50年記念誌「いざもろともに」の追録として、結成51年より70年までの連合本部事業記録の発行
  4. 「わかばのかるた」を作成し販売

また、以上の記念事業実施のための募材の実施を行うと説明した。質疑応答では各項目についての質問が相次ぎ、それぞれに補足説明をした。審議の後、満場一致で承認された。

 その後、全体を通しての一般質問を受け、閉会式を終えて、昼前に散会した。