「中央活動(育成に勢いをつける活動)」カテゴリーアーカイブ

第73回少年少女全国大会についてのお知らせ

この度の全国大会は、新型コロナウイルス感染予防のため、日程及び内容を変更して実施致します。
つきましては、下記の通り、開催の予定をしておりますので、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。

第73回 少年少女全国大会 日程

開催日:令和2年8月9日(日)※1日型で開催

時間内容場所
(金光様お出ましお迎え)
12:00開会式
開会セレモニー
会堂
会堂前ステージ
13:00わかば祭 祭典祭場
13:30わかば祭 式典祭場
14:00閉会式祭場
(金光様お退けお見送り)

☆常設行事
・作品展覧会(8月9日)場所:境内テント
・キャンプの森(8月8日~10日)場所:聖ヶ丘野営場

備考
・わかば祭は、祭員・諸役のみで執行いたします。
※祭典・式典への参拝は出来ません。
・年代別キャンプは、今年度は実施を中止いたします。
・上記以外の主要行事(パレード、霊地夜まつり等)及び常設行事は、今年度は開設を中止します。

大会募集案内 募集項目の変更について

(3月交付・登録会通信に同封の【大会募集案内】参照)

No.募集項目変更した内容
まごころ運動○受け付けます
作品展覧会○受け付けます
開会式演奏バンド×申し込みを中止
金光様お退けお見送りバンド×申し込みを中止
努力目標○受け付けます
ゆうやけパレードバンド×申し込みを中止
かがやけ大行進バンド×申し込みを中止
まごころ演奏奉仕×申し込みを中止
まごころテント村出店×申し込みを中止
大会諸役×申し込みを中止
手話通訳者×申し込みを中止
キャンプの森○受け付けます※実施は8/8~8/10
年代別キャンプ×申し込みを中止
霊地夜まつり参加者×申し込みを中止
大会奉仕者×申し込みを中止

大会時のサービスについて

・食事の斡旋はいたしません。
・大会保険の申し込みは、今年は中止いたします。
・宿泊については、金光学園には宿泊出来ません。キャンプの森をご利用ください。

キャンプの森

教祖様の汗と息づかいを感じる

「聖ヶ丘」でキャンプをしながら

全国大会に参加しよう

↑PDFはこちら

↑PDFはこちら

 

***********************************************
☆いこい棟・・・全天候型共有施設。炊事・休憩・食堂に利用。

☆シャワー棟【リニューアル!】・・・温水ユニットシャワー6基内蔵!

☆ファイアーサークル・・・たき火、営火用サークル。

☆パオサイト・・・シルクロード風「パオ」型宿営棟10基の並ぶ居住区。

☆ティーピーサイト・・・インディアンティーピー風大型テント居住区。

☆ドームサイト・・・ドームテント居住区。

●去年のキャンプの森の様子●

***********************************************

 

 

◆開設要綱◆

開設期間:2020年8月7日8日~10日 ※7日(金)8日(土)13:00受け入れ開始・10日(月)11:00までに退所

募集定員:200名(野営場定員)※高校生以下の利用は引率が必要

応募期間:4月10日~7月10日 ※各コース定員になり次第、募集締め切り

 

◆利用コース◆

①パオコース(申し込み先着60名まで。炊事用具レンタル可)

②ティーピーコース(申し込み先着60名まで。炊事用具レンタル可)

③チャレンジコース(自力設営・徹営が基本。野営具はレンタル可)

④おまかせコース(テント設営・徹営をスタッフが行います)

◆レンタル可能用品◆

①テント(3~9人用)

②タープ(8人用)※フライテント

③炊具、食器セット

④簡易テーブル

⑤簡易イス

 

◆サービス◆

①清涼飲料水販売

②温水シャワー、プールの使用

③特設駐車場の開設(バス、マイクロ、4t以上の車は下淵教団駐車場へ回送下さい)

④薪は無料

 

◆備考◆

・保護者同伴でお越しください。

・レンタル用品は個数に限りがあり、申し込み着順になります。

・パイプテント(マーキーテント等)の持ち込みは不可。

・盗難及び利用者の過失による傷害の補償はできません。安全管理を十分に行ってください。

 

◆応募要項◆

応募用紙に必要事項を明記の上、大会事務局まで郵送・FAXにて申し込みください。

◎締め切り:7月10日 ※各コース定員になり次第、募集締め切り

受け入れ決定後「森のしおり」(参加要綱)を発送します。

※電話(口頭)での申し込みはできません。

第12回少年少女遠征 事前訓練 活動報告

3月27日から29日にかけて、第12回少年少女遠征の事前訓練を、金光町・聖ヶ丘野営場で実施しました。
訓練ではスタッフ7人のもと、3教会9人が隊員として参加し、本番に必要となる知識や技能を身に付けるべく、「遠征について」の講義をはじめ、規律訓練、野外調等の野営実習を行いました。
雨の中ではありましたが、8月の本番を想定した訓練となりました。

第11回少年少女遠征 活動報告

3月23日~25日の事前訓練キャンプ、参加者7名でスタートした第11回少年少女遠征は、8月12日から17日の予定で御本部を出発。15日に台風直撃との予報を受け、日程を繰り上げ当日のうちに立山を下山。翌日松本プロジェクトを行い、17日に御本部に帰った。
立山での野営生活や、黒部・松本のプロジェクト活動を通して、様々な人達との出会いや日常とは違う体験をすることができた。立山では剱岳登頂を通して自然の力強さ・壮大さを目の当たりにし、己の何たるかを再確認でき、また黒部・松本プロジェクトでは、先人の残した偉業を目の当たりにし、人の持つ可能性を再確認出来たことは貴重な経験となった。なお、期間中、大きな怪我や事故もなく、無事に終了することができた。

日時:2018年8月12日(月)~17日(土)
場所:立山・黒部(富山県)、松本(長野県)周辺
隊員7人・スタッフ11人(隊3人・団3人・後方支援5人)