第20回記念ワークキャンプ 活動報告

3月12日から13日にかけて、ワークキャンプを開催させて頂いた。
この度は第20回の記念すべき回ということで、御霊地から飛び出し、岡山県真庭市の落合教会が所有する野営場の整備を行った。この野営場では近年活動が実施されておらず、広場には雑草が生い茂り、豪雨の影響で水も出ない状況になっており、電気は敷設されておらず、「災害支援訓練」を想定したワークキャンプの記念事業にふさわしい活動となった。
全国から9教会21名(シーカーズ、スタッフを含む)が参加し、以下の3チームに分かれ、作業を進めていった。
①生い茂った木々の伐採と草刈り
②野営場および通路の拡張整備作業
③水道工事(小川に設置した取水槽からの水道復旧)

長年手付かずだった野営場は、全体像が分からないほど藪が生い茂る中、参加者が草刈り機やノコギリを持って飛び込んでいく姿は勇ましく見えた。また、作業が進むにつれて藪は切り開かれ、野営場の景色が次第に整い、息を吹き返して行く様子には感動を覚えるものであった。
そして、活動の終盤に枯れていた水道が復旧し蛇口から水があふれ出た。それまでは搬入したポリタンクの水を使用して炊事作業などを行っていたが、「蛇口をひねると水が出る!」ということを皆で本当に有り難く感じながら、食器洗いなどを行うことが出来た。
各作業は思いの外順調に進み、殆どの作業を無事に終えることが出来た。
閉会の挨拶の中で代表者からの「この度の、実地での懸命な整備御用の有り様が、このお道の教会布教の姿を現しているのではないかと思う。」という力強い感想が胸に響いた。参加者それぞれが、今回のワークキャンプで学んだ技能と感動を持って、それぞれの持ち場立場で活躍して頂けるようにと願うものである。

第12回少年少女遠征 事前訓練 活動報告

三月二十五日から二十七日にかけて、第十二回少年少女遠征(奈良県吉野郡十津川)の事前訓練を、金光町・聖ヶ丘野営場及び胎金寺野営場にて開催し、全国より三教会十一名が隊員として参加し、結団した。

本番に向けての知識や技能を身につけるべく、座学にて「遠征とは」などの講義を受け、「設営」「野営資材の使い方」「食材管理」「カヌー」などの実習を受けた。また、本番の日程の中に、隊員自らが行いたいことを考え計画し実施するプログラムが用意されており、その「プロジェクト企画」に取り組んだ。十津川というフィールドをイメージしながら、皆思い思いに計画を進めていった。

過ごしやすい気候で、しかし途中雨にも見舞われたが、訓練のプログラムに大きく影響することなく、着実に用意されていた訓練内容に取り組むことができた。

訓練後、またここから参加者、スタッフ皆が、本番までの準備や取り組みを大切にして、八月を迎えたいと思う。

令和4年度 年間行事予定表

1/10会計監査 
1/12事務局御用始め
1/15-16金光シーカーズ(初会)
1/19-20常任理事会①
1/20第165回理事会及び令和4年度年次全国総会
1/22-23SB研AM課程第8期所員会議
2/7【中止】わかば育成賛助会役員会①
2/20【中止】金光シーカーズ(サイクリング、博物館見学)
2/21-22大会実行委員会①
2/22-23遠征スタッフ会議①
2/26-27SB研AM課程第8期
3/3広報委員会①
3/7-8年代別キャンプスタッフ会議①
3/12-13第20回ワークキャンプ
3/12-13金光シーカーズ(ワークキャンプ参加)
3/17-18常任理事会②
3/25-27第12回少年少女遠征事前訓練
4/2-3金光シーカーズ(大祭御用奉仕)
4/3【中止】信奉者の集い
4/9-10SB研DM課程第10期所員会議
5/金光シーカーズ(代表者会議)
5/21-22SB研DM課程第10期
5/24-26大会委員会実行委員会②
6/5-6SB研SKS課程第1期所員会議
6/19大会事前作業(大会資材搬入)
6/19金光シーカーズ(大会事前作業参加)
6/25-26SB研SKS課程第1期
7/5-7/7大会実行委員会③
7/17大会事前作業(草刈り)
7/17金光シーカーズ(大会事前作業参加)
7/学院講習会
8/1年代別キャンプスタッフ入り・事前準備
8/3-6年代別キャンプ
8/4全国大会本部開き
8/6-7第75回金光教少年少女全国大会
8/8全国大会本部閉じ
8/14-18第12回少年少女遠征
8/20-21SB研BM課程第32期所員会議
9/5-6常任理事会③
9/6-7第166回理事会
9/7-9/8理事研修
9/17-19SB研BM課程第32期
10/22-23SB研JM課程第29期所員会議①
11/12SB研JM課程第29期所員会議②
11/18-20SB研JM課程第29期
12/5-6シルバートレーニング
12/末事務局御用納め