Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/1/teamclover/web/renpon.jp/html/main/wp-includes/blocks.php on line 20
金光教少年少女会連合本部 | わかばの育ちに奉仕する | ページ 2

学院研修所\開催/

と き 1月23日~27日

ところ 学院、霊地周辺、聖ヶ丘野営場

ひ と 所員26名 参加者14名

詳細はわかば3月号8~9項に記載しております。

年次全国総会開催報告

と き 1月19日~20日

ところ 庁舎会議室

ひ と 対面27名、リモート16名

詳細はわかば2月号7項に記載しております。

第12回少年少女遠征‐四万十編‐ 活動報告

活動動画は上記写真をクリックしてください↑↑↑↑

参加者数:8名

奉仕者数:6名

コロナと台風で四年ぶりとなった少年少女遠征。参加者8名、指導者6名計14名が三月の訓練野営より8月の実施まで、金光様をはじめ多くの方々のお祈りの中、神様のお働きの中で、高知県四万十市において4泊5日で遠征を実施させていただいた。
全国から自分を鍛えたい!仲間と共に何かをやり遂げたい!見たことのない景色を見たい!体験したことのないようなことを体験したい!など、好奇心・向上心あふれる仲間たちが大きな荷物と期待を背負って御霊地に集まった。
1日目(8月11日)、この日は胎金寺を宿営地として準備とプロジェクトの最終確認の日となった。資材準備は選定からパッキングまでは全て隊員たちがやるために忘れたり壊れたりすれば現地で自分たちが困る(その状況でどうするかを考え、ある物で代用して工夫するのも遠征の醍醐味だが)と思うと資材準備に一層力が入る。資材の選定が終われば次はパッキング。決まった大きさのトライパックに入る物のみしか持っていけないので『これはこう使った、これいらんのんちゃうん!』などおのずと工夫していく。できるだけ軽量にしたつもり、コンパクトにしたつもりだったがそれでもトライパックはパンパンになり準備は完了した。
夕食の食材を各班で買い出しに行きこの日は明日から現地に入るために力の付くメニューを自分たちで考え腹ごしらえをして明日に備えた。
2日目(8月12日)、朝5時に起床して身辺整理を行い、5時半には胎金寺を出発した。道中は澄み渡った四万十川でカヌーを浮かべ、暑くなれば木陰に入り、冷たい川に飛び込み、清流プロジェクトを満喫しているところを想像しながら四万十市に向かった。最寄りのインターを降りてスーパーマーケットで買い出しをしたのち、この日の目的地であるカヌーの訓練をする『川遊び公園』を目指して小一時間車を走らせていると清流!四万十川!!が見えてきた『おおー!四万十川や!ん・・・濁ってない?すごい濁流やん!!』そうなんです。四万十市は前の日まで何日か大雨が続いていたようで、カヌーなど浮かべれる次元ではない流れで急遽予定は変更。「今だけはスマホを使って良し!」という事で、預かっていたスマホを返し検索する者、道の駅でパンフレットをもらって観光できる所を探す者等分かれて情報を集め、支流はまだ流れが少なく水がきれいということで、滝でプロジェクトをしてその日探した温泉に浸かった。これぞ遠征!
後編ではあれだけ濁っていた水がどんどん澄み渡っていく自然の凄まじさを伝えていきます!
(報告・吉岡隆道)