タグ別アーカイブ: 支援活動

第1次派遣団報告(2017/9/9~9/13)

九州北部豪雨 第1次派遣団報告(2017/9/9~9/13)

第1次派遣団(9/9~9/13)作業報告 団員 計9人

9/9 出発

13時 本部出発
19時 甘木教会到着 宿泊

9/10

起床・朝礼後甘木教会出発
〇杷木教会にて、地区内の現状について杷木教会長より説明
ボランティアセンターおよび、地域住民からの支援要請を受けて、支援活動を継続中(家屋の泥出し、がれき撤去・廃棄)
〇地区内井上宅の泥出し、がれきの仕分けおよび廃棄作業
〇大鶴教会参拝後、江田泉氏より現状と支援要請について確認
  ・教会広前および住居の復旧
  ・玖珠町教会に避難中の教会長の帰宅
  ・砂利入れ作業(砂利は手配済)
  ・柱などの洗浄作業
※建築に関する依頼については、専門業者の施工が必要であるため、
 業者を選定したのちに、可能な作業については支援していく。
 本部および、自治体の災害対応については、被災家族が直接対応する。

9/11

起床・朝礼後甘木教会出発
   〇杷木地区井上宅のがれき仕分けおよび廃棄作業(終日)

9/12

起床・朝礼後甘木教会出発
   〇杷木地区井上宅のがれき仕分けおよび廃棄作業
   〇日田市大鶴地区山下宅の排水溝の泥出し(2名)

9/13

 宿舎清掃、整理の後
 午前9時 甘木教会出発
 午後15時 本部到着後 第1便解散

「九州北部豪雨災害」における 連合本部事業「災害支援活動」のお願いについて

「九州北部豪雨災害」における連合本部事業「災害支援活動」のお願いについて

 このことにつきまして、この度の「九州北部豪雨災害」におきまして、亡くなられた方々へ哀悼の意を表し、今なお避難生活を余儀なくされていらっしゃる方々へ心よりお見舞い申し上げます。

 少年少女会連合本部では、このたびの「九州北部豪雨災害」に対しまして、去る7月25日、緊急の常任理事会を開催し、連合本部事業・地方活動の中身である、災害救援支援活動として取り組むことを決定いたしました。
また、支援を行うための活動拠点を金光教甘木教会内(福岡県朝倉市)に設置し、9月9日から活動を開始いたします。

 つきましては、「九州北部豪雨災害」における人的支援活動を、後掲の日程から開始するにあたり、奉仕者を募集いたしますので、連合本部の願いを御理解いただき、御協力・御奉仕くださいますよう、よろしくお願い申し上げます(1名からの申し込みも可能です)。お手数ですが、連合本部へお申し出下さい。

 また、支援日程については、別紙のスケジュール表をご参考に、奉仕への計画を立てて頂きたいと存じますが、スケジュール表は第7次派遣団までの募集(奉仕)期間を記載しており、11月以降の募集は、当機関誌「わかば」等で順次広報いたしますことをご了承ください。

 財的支援におきましては、活動支援金として、下記の通り、受け付けますので、御協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、この度の支援活動におきまして、現時点では支援物資の募集は行いませんので、ご了承ください。

・支援お願い、団員個人装備品
・支援団スケジュール一覧(9/15更新)
・申し込み用紙
           記

「九州北部豪雨災害」における復興支援活動費のお願い
口座名  金光教少年少女会連合本部支援係
振込口座 ゆうちょ銀行 01280-0-16809
使用用途 輸送費、資材費、保険費、食費等
※募財期間は活動終了時までとし、年度末に決算し、協力者に報告致します。

「KYA災害復興支援団」奉仕者募集要項

○宿 営 地  「KYA災害復興支援団」現地本部(金光教甘木教会)

○受入期間  2017年9月9日から10月末日を第1期として予定

○申込方法  申込用紙に、氏名・性別・在籍教会・職業・年齢・参加奉仕期間・現地本部までの交通手段を記入して、連合本部へご返送(FAX可)ください。

○申込〆切  申し出る奉仕期間番号の1週間前までとします。
       (例)①を申し込まれる場合は、9月2日まで。

○募集人員  一回における最大人員数は30人とします。

○応募資格  ・高校生以上の本教信奉者で、教会長の同意を得た方。
       ・未成年者については、保護者の許可が必要。
       ・野営または舎営での団体生活が出来る方。

○個人携行品  「団員個人装備品」を参照

○送  迎  ・定期便の集合、解散場所は、金光教本部教庁のみです。
        ※金光発の定期便の集合時間は、基本毎週土曜日13時です。
        ※金光-甘木間の往復の交通費は連合本部で負担いたしますが、集合場所までの交通費は、個人負担でお願いします。
        ※金光以西からの申込者については、サービスエリアなどでの途中乗降を受け付けますので、個々に申し出てください。
        ※ご自分で日程を組まれる方は、各々で移動手段を講じて現地本部までお越しください。片道だけ定期便を利用することも可能ですが、その場合は事前に申し込み用紙に記入してください。期間途中、帰っても構いません。

○備  考  ・作業内容は、瓦礫撤去、家屋床の泥出し、廃棄物運搬、整地作業等があります。
       ・活動期間中のボランティア保険・食事・宿泊等については連合本部で負担いたします。
       ・その他、ご不明な点は、連合本部までお問い合わせください。

連合本部 TEL 0865-42-2172
     FAX 0865-42-9172

派遣団報告記事・写真

・第1次派遣(2017/9/9-13)
・第2次派遣(2017/9/18-23)

KYA災害復興支援団からのお知らせ

「KYA災害復興支援団からのお知らせ」(12/31)

 少年少女会連合本部では、2016 年4 月14 日に発生しました「熊本地震」を受けて、5 月6 日から「KYA 災害復興支援団」を結成し、復興支援活動に当たってまいりました。復興支援活動におきましては、約半年間で、15 団(特別便等含む)を現地に派遣し、延べ団員が200 人を超す奉仕者のもと、支援活動を取り進めることができました。これもひとえに、教主金光様の御取次、御祈念はもとより、教団各方面の御支援・御協力をはじめ、全教の皆様方の手厚いお祈り添えがあってのことと、改めて御礼申し上げます。
 さて、当支援団では、昨年12 月末日をもって、半年間にわたる緊急支援活動を一旦終えさせていただきました。今後は、通常の連合本部事業「地方活動」の中身として、要望があれば継続して支援していく所存です。
 つきましては、団員募集および、募財期間を、12 月31 日をもって終了いたしましたことをご報告申し上げます。

「KYA災害復興支援団からのお知らせ」(9/14)

 「支援団」では、熊本地震を受け、今日まで復興支援活動に取り組んで参りましたが、現在、被災地域からの支援要請が減少傾向にあり、毎日の奉仕作業を必要としない状態にあります。
 そのため活動拠点としていました現地本部(金光教南関教会)を閉じ、拠点を本部(連合本部事務局内)へ移し対応することになりました。
 また、復興の現状から判断し、活動を本年(2016年)12月末日まで延長し、被災者(教会・信奉者・一般)からの要望が入り次第、その都度奉仕団を編成し、活動にあたります。
 引き続き、御支援と活動協力の程よろしくお願いします。

         記

「熊本地震」における復興支援活動費のお願い
口座名  金光教少年少女会連合本部支援係
振込口座 ゆうちょ銀行 01280-0-16809
使用用途 輸送費、資材費、保険費、食費等
※募財期間は活動終了時までとし、年度末に決算し、協力者に報告致します。

派遣団報告記事

・第1次派遣(5/6~5/13)
・第2次派遣(5/15~5/22)
・第3次派遣(5/21~5/29)
・第4次派遣(5/29~6/4)
・第5次派遣(6/4~6/11)
・第6次派遣(6/13~6/19)
・第7次派遣(6/18~6/26)
・第8次派遣(6/25~7/3)
・第9次派遣(7/11~7/17)
・第10次派遣(7/18~7/24)
・第11次派遣(7/23~7/31)
・第12次派遣(8/12~8/15)