タグ別アーカイブ: 金光シーカーズ

2019年1月 金光シーカーズ 初会総会

日時 2019年1月19・20日

場所 玉水教会控所

参加人数 6教会15人、トレーナー2人

総会内容 シーカーズについての講義、30年度活動報告、31年度活動計画、会計収支報告、代表者会議の内容報告及び承認、シーカーズ規定の協議、等

 

1日目は総会を行い、夜の会食では新成人のお祝いをした。

2日目はお借りした控所の清掃の後、境内休憩所と会堂地階のトイレ・手水舎の清掃奉仕を行った。

 

1年間でメンバーや参加者も増えてきて、新しい出会いやいろんな意見が聞ける一方、全国から集まった故のひとりひとりの考え方や価値観等も様々あり、総会の場では、意見をひとつにまとめたり決定することの難しさも感じた。失敗経験をしたり、新たな気づきがあったり、各々にとって実のある2日間であった。

 

育成援助が必要な最終年代であるシーカーズ。講義の中で「育つ為に怒られていいのは30歳まで」と聞かせていただいた。今後も、何事にも恐れずに成功したり失敗したりして、知識や経験を毎回の活動で何かひとつでも習得していきたい。そしてそれぞれの成功談・失敗談は己の胸に留めずに、どんどん共有していきたい。活動を通して、少しでも世と人のお役に立たせていただきたい。

今年度も宜しくお願いいたします。

 

2018年4月 金光シーカーズ本部御大祭御用奉仕

2018年3月31日、御本部天地金乃神大祭に向けて、清掃御用奉仕を行った。

・参加人数  4教会8人、トレーナー2人、事務局1人
・活動内容  清掃御用奉仕
・活動場所  木綿崎山、歴代教主奥城周辺

12時30分 受付。本部広前にて御祈念、お届けの後、会堂前境内にて開会式。
13時 木綿崎山に移動。自己紹介後、歴代教主奥城周辺と参道に分かれて御用奉仕開始。
16時25分 片付け。
16時40分 金光様お退けお見送り。その後SKSミーティングにて今回の反省感想や今後の活動計画等を話し合い、閉会式を行った。

2018年3月 金光シーカーズワークキャンプ参加

2018年3月24日~25日の日程で開催された連合本部主催のワークキャンプに参加した。

・参加人数  3教会10人、トレーナー2人
・活動内容  廃材からの薪作り、下刈り、チェーンソー・草刈り機の講義及び実習、被災地を想定しての炊事実習 等
・活動場所  胎金寺野営場、聖ヶ丘野営場

詳細はこちら第17回ワークキャンプ活動報告

2018年2月 金光シーカーズ雪中活動

2018年2月10日~12日の日程で、雪中活動を行った。

・参加者   4教会9人、トレーナー2人、事務局1人
・活動内容  雪かき、スノーボード実習
・活動場所  福崎教会研修棟(兵庫県豊岡市)

 活動初日は雪かき、2日目はスノーボード実習を行った。
 九州から参加したメンバーは、下半身が埋まるほどの雪に驚きや不安もあったが、3日間、大きな事故や怪我もなく活動をさせていただいた。
 初日はとても良い晴天で、普段、雪を見ることのないメンバーが雪に慣れるにはちょうど良い天気だったが、2日目の早朝より豪雪となり、重機を使っての除雪作業や毎朝晩の雪かきと除雪材散布というとても貴重な体験が出来た。
 また、スノーボード実習では、未経験者が多かったが、経験者のメンバーに教えてもらいながら楽しく上達出来た。
 夜にはテーマを決めて談話会を行った。メンバーの意外な一面や新たな発見があり、大いにメンバー間での交流を深めた。今後の活動についても議論を交わし、トレーナーからの指導もいただきながら全員で意見を出し合った。

【参加メンバーの感想】
・最初は見たことのない量の雪に緊張、不安があった。慣れていくうちに楽しさや新しい発見があった。慣れすぎないように気をつけようと思った。
・初日は活動しやすく2日目はしっかり活動出来る積雪量だったりと、3日間通して本当に天候のおかげをいただいた。
・自然の凄さ、恐ろしさを体感した。
・この3日間、新鮮味があった。
・自分たちで全て活動していく団体という意識が足りなかった、時間の意識や役割分担の自覚がもっと必要だと思う。
・自分ひとりの力だけでなく、仲間に頼れる心強さ、頼もしさを感じた。