タグ別アーカイブ: 育成懇談会

少年少女の育成を考える『信奉者の集い』を開催

平成29年ご本部生神金光大神大祭第一日の祭典終了後、信奉者のつどいを開催

 

講師 長野 真護 師 (徳島県 貞光教会)

 

講題 「一つ一つ歩ませて頂いて」

 

(10月1日、於:修徳殿講堂)

この度の信奉者のつどいでは「一つ一つ歩ませて頂いて」という講題のもと、年代別キャンプでの事、四国っ子の集いの事、「願いと中身」について等、ご自身が歩まれ、ご経験されたお話をもとに、育成活動の大切さを分かりやすく丁寧に教えて頂きました。
また、お話しくださる先生のお姿に、先生のご信心そのものが現れ、私達も先生のご講話を通して、自らの育成に対する信心姿勢を見つめ直す機会ともなり、何より元気を頂くことができました。

育成懇談会 開催報告

報告(2016年3月27日)

 3月27日(日)、東北教区が主催する「指導者講習会」を、連合本部の「育成懇談会」として開催した。
東北教区では、育成の必要性が教区内で広まりつつある中、少年少女連合本部に育成の理念を学びたいとの願いのもと、今回の開催が実現した。
安武松一常任理事を講師に、事務局から一名が随行し、東北の地へ、育成への理解と重要性が更に深まることを願って出向した。
この度は、北は秋田県からの参加もあり、4教会11名、更にセンター職員4名が加わって計15名が熱心に聴講した。
講話後の懇談では、参加者が在籍教会の現状を述べ、今後の取り組みや手立てなどについての質問があり、講師は自身の経験を踏まえつつ、一つ一つ丁寧に答えていった。
今後、東北教区では、向こう数年に渡り年一回、このような取り組みをして教区内に育成活動の重要性を更に周知し、促進していく予定である。「鉄は熱いうちに打て」との如く、今回の参加者が次回までに熱意を保ちつつ、各教会で何か一つでも取り組まれ、育成の心が芽吹くことを願う。(報告・柏原祐二郎)

少年少女の育成を考える『信奉者のつどい』を開催(2016年度)

平成28年ご本部天地金乃神大祭第1日の祭典終了後、信奉者のつどい

講 師   安武 光太郎 師 (熊本県 人吉教会)

講 題  「み教えを本(もと)に」

(4月3日、於:修徳殿講堂)

この度の信奉者のつどいでは「み教えを本(もと)に」という講題のもと、後継に入られた人吉教会での御用の事、連合本部理事の御用の事、また育成活動の願いの事等、ご自身が歩まれ、ご経験されたお話をもとに、育成活動の大切さを分かりやすく丁寧に教えて頂きました。
 また、お話しくださる先生のお姿に、先生のご信心そのものが現れ、私達も先生のご講話を通して、自らの育成に対する信心姿勢を見つめ直す機会ともなり、何より元気を頂くことができました。

 

『育成懇談会』開催 報告

全隈教会にて育成懇談会を開催

講師 安武 隆雄

(4月12日、於:金光教全隈教会、参加者 約80名)

金光教全隈(またくま)教会からの依頼を受け、少年少女会育成懇談会として連合本部から2人が出向した。
金光教全隈教会の天地金乃神大祭、祭典後の時間を育成懇談会として開催。
これから教会あげて少年少女会活動を始めるにあたり、信奉者の育成への機運を醸成するための開催であり、5月開催予定(同全隈教会にて)の講習会へ向けての前段でもある。
主に、「大人として、親として、子供への眼差しは、信心させて頂く者としてどうあればよいか。」「教会という、人が育つ『場』を作り上げることが大人の役目ではないか。」など、育成を行う上で大切になるところを話された。
参加者のみなさんには、熱心にお聴き頂き、育成に取り組みたいという思いを絶大に感じた。