タグ別アーカイブ: 平成30年

少年少女の育成を考える『信奉者の集い』を開催

平成30年ご本部天地金乃神大祭第一日の祭典終了後、信奉者のつどいを開催

 

講師 横山 勇喜雄 師 (愛媛県 宮窪教会)

講題 「小さな花にも役目がある」

(4月1日 11時15分より、於:修徳殿講堂)

この度の信奉者のつどいでは「小さな花にも役目がある」という講題のもと、人との出会いで学ぶことや、私達の食物となる命の尊さ等について、分かりやすく丁寧にお話いただきました。
また、お話しくださる先生のお姿に先生のご信心そのものが現れ、私達も先生のご講話を通して、自らの育成に対する信心姿勢を見つめ直す機会ともなり、何より元気を頂くことができました。

2018年4月 金光シーカーズ本部御大祭御用奉仕

2018年3月31日、御本部天地金乃神大祭に向けて、清掃御用奉仕を行った。

・参加人数  4教会8人、トレーナー2人、事務局1人
・活動内容  清掃御用奉仕
・活動場所  木綿崎山、歴代教主奥城周辺

12時30分 受付。本部広前にて御祈念、お届けの後、会堂前境内にて開会式。
13時 木綿崎山に移動。自己紹介後、歴代教主奥城周辺と参道に分かれて御用奉仕開始。
16時25分 片付け。
16時40分 金光様お退けお見送り。その後SKSミーティングにて今回の反省感想や今後の活動計画等を話し合い、閉会式を行った。

第17回ワークキャンプ活動報告

第17回ワークキャンプ(3月24日~25日)

3月24日から25日にかけて、第17回目となるワークキャンプを開催しました。ワークキャンプは、指導者の技能向上(スキルアップ)や、災害時の支援訓練等を目的として、毎年開催しています。
この度は、5教会12人、スタッフ6人が参加し、聖ヶ丘野営場を被災地、胎金寺野営場を現地本部と仮定しての災害時の支援訓練を行いました。廃材からの薪作り、野営場の下刈り、チェーンソー・草刈り機・ロープワークの講義・実習、被災地を想定した炊事実習、夜の課業では東日本大震災の資料をもとに支援活動の実際の講義を行いました。

2018年3月 金光シーカーズワークキャンプ参加

2018年3月24日~25日の日程で開催された連合本部主催のワークキャンプに参加した。

・参加人数  3教会10人、トレーナー2人
・活動内容  廃材からの薪作り、下刈り、チェーンソー・草刈り機の講義及び実習、被災地を想定しての炊事実習 等
・活動場所  胎金寺野営場、聖ヶ丘野営場

詳細はこちら第17回ワークキャンプ活動報告