タグ別アーカイブ: ジュニア

平成29年 年代別キャンプの参加者募集

年代別キャンプ【8月2日(水)~5日(土)】

今年も行われる年代別キャンプ、内容の一部を公開!!

ジュニアキャンプ

野営基本日課を修得。野営生活を通して信心生活を学びます。3年間で12の技能コーナーに挑戦。スーパーパイオニア賞を獲得。

今年開設されるチャレンジコーナー
①野外調理
②野外工作
③???
④??? 参加されてからのお楽しみ!?

昨年の活動の様子

アドベンチャーキャンプ

海・山・川。
ダイナミックでワイルド。高度な野営を通し自身の社会性、信仰心を見つめ、よき社会人、よき指導者を目指します。

今年は蒜山高原にアタック!

昨年の活動風景

募集内容

★ジュニアキャンプ
中学生年代の野営活動(最大32人による野営)
場所:胎金寺野営場(岡山県金光町)
応募資格:中学生年代の本教信奉者
参加費:5,000円

★アドベンチャーキャンプ
高校生年代の野営活動(最大24人による野営)
場 所:蒜山高原
応募資格:高校生年代の本教信奉者
参加費:7,000円

申込み用紙ダウンロード
6月末までに大会事務局に郵送叉は提出してください。

ジュニアキャンプ 2013年8月 胎金寺野営場(霊地)

 

今年も七月三十一日から八月三日にかけて、胎金寺野営場で年代別キャンプのジュニアキャンプ(中学生を対象)が行われました。

日常生活から離れて、当たり前のことが当たり前ではないと気づかせてもらったときに「ありがとう」という感謝の気持ちがでてくるので、その気持ちを大切に育んでいってもらいたい、という願いをもとに、全期間のテーマを「感謝」とし、日々のテーマを、第1日「自分に感謝」、第2日「人に感謝」、第3日「物に感謝」、第4日「神様に感謝」と設けることで、より具体的に「感謝」という気持ちをもって生活を進めていきました。

第一日目は、まず刷分たちが生活する、サイト設営から始まりました。今回の参加者はキャンプを経験したことがない子どもが多かったので、昨年の年代別キャンプ参加者を班長、副班長に任命して、班長を中心に設営を行いました。最初は班長も指示を上手に出せず戸惑っていましたが、設営、炊事と、班活動が続く中で、徐々に班の形ができていきました。夕食後は夜の活動として、班のバッチを作成しました。班のデザインを決め、木材を切り出し、絵の具とニスで装飾をして完成です。ここで各班、分担して作業を行うことにより、設営の時より、一隅班の団結が深まったように思えました。

第2日と第3日は、いよいよチャレンジコーナーが始まります。野外活動に必要なスキルを養ってもらうことを目的として、四つのチャレンジコーナーを設けました。今年は、「フィールドハイク」「魚釣り」「レザークラフト」「奉仕活動」の四つになります。

それぞれのコーナーで、普段の生活ではあまり体験しない野外活動を経験して、今後の生活に役立つスキルが身についたと思います。

第3日の夜には、「キャンプファイアー」を行いました。燃え上がる炎を見つめながら、歌や踊りやスタンツ(寸劇)を行い、みんなの笑顔があふれる、楽しい夜を過ごしました。

第4日は、朝から撤営を行いました。これまで使わせていただいたサイトにお礼を申しながら、班長を中心に設営の時とは比べ物にならない程のチームワークで、4日間の子どもたちの成長を目の当たりにしました。その後、閉会式を行い、下山しました。

今回のジュニアキャンプは、キャンプ未経験者が多く、半数以上が一年生でしたので、どうなることかと、心配しましたが、日に日に子どもたちが成長していく姿を見て、スタッフとして、とても多くのことを学ばせていただきました。子どもたちと同時に私たちもお育てをいただいているということに気づかせてもらえたことは、今回のテーマの「感謝」という言葉がしっかりと現されたジュニアキャンプであったと実感しました。

この度のジュニアキャンプ開設にあたり、キャンプを支え、見守って下さった多くの皆様方に改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
(報告・教育副長 千種信地郎)

ジュニアメイト課程第26期開催報告

報告(2014年9月13-15日)

 中学生年代の指導者を養成するシルバーバッジ研修所ジュニアメイト課程第二十六期を、平成二十六年九月十三日~十五日の二泊三日で御霊地・胎金寺野営場にて全期間野営で開設した。

 七月の所員会議から、研修所開設に向けて準備が始まった。

 開設二日前の九月十一日、十三名の所員が、中央研修センター(霊地・胎金寺野営場)に入り、所員宿舎の設営・野営場の整備・講義及び実習のデモンストレーション等を行った。

 この度の入所者は六名。原隊で経験豊富な入所者や、これから育成活動を始める為に来た入所者達が、初めての研修にやや緊張した面持ちで受付を済ませ、点検を行い、入門の扉をくぐった。

 開所式の後、研修所についての講義を終え、立て続けに講義を二本受講し、資材配給後、各班サイトを設営した。夕食後、一日目の目玉「特別隊集会」を行った。「POWER to the PEOPLE」というテーマのもと、スタッフが準備した各種コーナーを周り、人間が持つ五感をフル活用した班対抗ゲームを実施した。

 二日目、午前中は講義を中心に行い、午後からは班集会を行い、隊集会に向けての技術・技能の習得をした。その後、「フィールドハイクビンゴ」として、自分達の住む町を詳しく知る事を目的に隊集会を行った。事前の班集会で習得した、地図の読み方、パトローリング、計測の仕方などを使い、金光町を周りながら、各所にある問題を班で協力して解いていく内容を行った。

 続く夜の営火では、モデルとなる営火プログラムをスタッフが組み立て、その中に、入所者と奉仕隊はそれぞれが考えたスタンッを披露。入所者においては、考える時間が少ない中で考え抜き、かつユーモア溢れるスタンッは、全員の笑いを誘った。

 最終日の三日目、まとめの講義で、所長より、大人の役割や指導者の在り方など、今後大切にしていくべきことについて指導された。期間中、生活の場としてお世話になった胎金寺野営場の各サイト、本部サイト、使用した各資材の撤営を行い、今回の全日程の課目は終了した。その後、解隊式・閉会式(修了書授与式)を行い、無事終了した。

 今回は、期間中、天候に恵まれ、金光様の御祈りを改めて感じると共に、頼もしいスタッフのおかげで、講義及び実習プログラムでも有意義な研修ができたことは大変意義ある中身となった。また、入所者達も、奢ることなく、真摯に研修に取り組む姿は、心を打つものがあった。ここから、指導者として、更に己を磨いて頂きたい。

 最後になるが、この度の研修所開設にあたり、早くからご準備頂いた所員・奉仕隊の皆様、また、お祈り添えを頂いた所員・奉仕隊・入所者の在籍各教会長先生に、改めてお礼を申し上げます(報告・大武一宏)

日程表

第1日目(9/13)

§1.研修所について
§2.規律と秩序
§3.特性とJM活動概要
§4.隊集会①一JM夜間訓練一

第2日目(9/14)

§5.野営法とパトロールシステム
§6.JMの課目とプログラム立案の流れ
§7.月例プログラム会議
§8.班集会I~Ⅲ -技能一
§9.隊集会② 一ハイキングー
§10.営火について
§11.祈誓・信条・綱領
§12.JMの営火

第3日目(9/15)

§13.まとめの講義 

名簿

修了者氏名教会名 所員役職氏名教会名
片岡 義智向島西所長牛尾 弘徳福崎
片岡 直子向島西所員安武 松一甘木
菊池 瑞昭全隈Q M手島 裕二福間
牛尾 弘峰福崎QMF秦 浩治余土
隊長永井 常雄福崎
教育副長和田 英孝福崎 
庶務副長牛尾 弘宗福崎
隊付大武 一宏国東 
隊付加納 三喜福崎
奉仕隊長牛尾 明子西明石
事務局安武隆雄甘木
事務局柏原祐二郎中庄