カテゴリー別アーカイブ: プロフィール

金光教少年少女会教区(県)連合会 規約準則

金光教少年少女会運動原則

目  的

1.金光教少年少女会運動は、少年少女が指導者と共に、取次を願い取次を頂きつつ、神の氏子としての真実な生き方を感得し、少年少女の自覚と努力によって、世のお役に立つよう育成することを目的とする。

基 本 方 針

2.金光教少年少女会運動は、教会の取次の働きのあらわれであって、会活動のあらゆるてだてを通して、祈誓・信条・綱領を実践し得るよう、しかも、それぞれの年齢に応じ、一貫した適切な教育をすることを基本方針とする。

  祈   誓  「み教えにより 信心を進め
             お役に立つ人になります」

  信   条  「じ つ い」

  綱   領  一、「礼儀正しくします」
         一、「親切にします」
         一、「何事も真心で行います」

会 組 織

3.金光教少年少女会の組織単位は、教会長が承認する教会少年少女会(少年少女を対象として、育成作用を行うもの)であって、会員と成人指導者と育成団体(幹事会、育成会等)によって構成されたものとする。

第1章 総則

(名 称)
第1条 この連合会は、金光教少年少女会○○○教区(県)連合会(以下単に「連合会」という)という。
(事務所の所在地)
第2条 この連合会の事務所は、理事長が指定する教会内におく。

(組 織)
第3条 この連合会は、この教区に所在する教会少年少女会をもって組織する。
  2 この連合会は、登録会の状況、運動の発展状況及び地理的条件を考慮して、教区(県)連合会理事会において、地方組織を設けることができる。

(登 録)
第4条 前条にいう教会少年少女会とは、この教区(県)連合会に登録を完了したものをいう。
  2 登録した教会少年少女会は、所定の拠出金を毎年納入するものとする。

第2章 目的及び事業

(目 的)
第5条 この連合会の目的は、金光教の教旨に基づき、本運動の原則並びに金光教少年少女会連合本部の目的、基本、諸規定及び方針に従い、教区(県)内のこの運動の発展を促進するとともに、域内の地方相互間並びに他団体との間の調和的協働をつくる。もって、教会少年少女会の充実発展と各教会で少年少女が育つ働きの推進展開に努め、少年少女会活動の実をあげることを目的とする。

(事 業)
第6条 この連合会は、前条の目的を達成するために、次に掲げる事業を行う。
  (1)少年少女会運動の普及および発展に関すること。
  (2)少年少女の訓育指導に関すること。
  (3)会及び連合会の育成指導に関すること。
  (4)指導者の養成及び訓育に関すること。
  (5)各種行事の開催に関すること。
  (6)機関誌及び教材に関すること。
  (7)各会、各連合会その他の互助連絡に関すること。
  (8)各種団体との連繋に関すること。
  (9)前各号に掲げるもののほか必要な事業。

第3章 役  員

(役員の名称及び員数)
第7条 この連合会に、次の役員をおく。
     理 事 長   1人
     副理事長   1~2人
     理  事   若干人
     監  事   3人

(役員の資格及び選出)
第8条 理事長及び副理事長は、理事が互選する。
  2 理事は、次の各号により選出する。
  (1)各県(又は地方)が、教会少年少女会の指導者及び幹事のうちから、それぞれ選出した者〇人
  (2)理事長が理事会にはかり、委嘱した者〇人以内
  3 監事は、教会少年少女会の指導者及び幹事のうちから、理事会にはかり、理事長が委嘱する。

(役員の任期)
第9条 役員の任期は3年とし、重任を妨げない。但し、補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  2 役員は、辞任又は任期満了後でも、後任者が就任するときまで、なお在任するものとする。

(役員の職務権限)
第10条 理事長は、この連合会を代表し、総理する。
  2 副理事長は、理事長をたすけ、理事長が欠けたとき、又は事故あるときは、理事長があらかじめ指名した副理事長が、その職務を代行する。
  3 理事は、理事会を構成すると共に、業務を分担し、連帯して職務の遂行にあたる。
  4 監事は、会計を監査する。

(顧問及び相談役)
第11条 この連合会に、顧問及び相談役若干人をおくことができる。
  2 顧問には、金光教〇〇センター所長を推戴する。
  3 相談役は、理事会にはかり、理事長が委嘱し、その任期は理事長の在任中とする。

第4章 理事会

(理事会の構成と招集)
第12条 理事会の構成は、次の通りとする。
   (1) 理事長及び副理事長
   (2) 理事
   (3) 監事
   理事以外の各種委員会委員長等、理事長が出席を認めた者は、理事会に出席し、発言することができる。但し、議決には加わらない。
  2 理事会は、必要に応じて、理事長が招集する。

(理事会の職務)
第13条 理事会は、この連合会の目的を達成するためにあらゆる努力を行うとともに、重要事項を協議し、議決する。
  2 理事会の委任した事項及び緊急を要する事項を審議し処理するために、理事のうちから、理事会にはかり、理事長が指名した理事によって、常任理事会を構成することができる。

(委員会の設置)
第14条 理事会は、特定の事業を推進するため、委員会を設けることができる。

(理事会の成立、議決)
第15条 理事会は、総理事の3分の2以上の出席をもって成立する。ただし、委任状の提出者は出席に数える。
  2 理事会の議決は、出席理事の過半数で決し、可否同数のときは、理事長の決するところによる。

第5章 総  会

(総会の構成と議長)
第16条 教区連合会総会は、次に掲げる議員をもって構成する。
  (1)教会少年少女会を代表する者…1人
     (教会少年少女会の数が増大した場合は、その代表議員の数を限定することを、規約で定めてもよい。)
  (2)各県連合会(又は地方連合会)を代表する者1人
  (3)教区連合会役員
  2 議長には、理事長又はその指名を受けた者が当たる。

(総会の開催と招集)
第17条 総会は、毎年1回開催する。また、必要に応じて、理事会の要求により、臨時総会を開催することができる。
  2 総会は、理事長が招集する。
  3 総会開催の日時・場所は、理事会において決定し1カ月前までに、各会及び各県連合会(地方連合会)あてに通知する。

(総会の成立、表決及び委任)
第18条 総会は、総議員の過半数の出席(委任状を含む)をもって定足数とし、その表決は、出席議員の多数決による。

(承認事項)
第19条 次の事項については、総会に報告し、承認を受けるものとする。
  (1)事業計画及びその実施報告
  (2)予算及び決算
  (3)その他、理事長が必要と認めること

(審議の決定)
第20条 総会は、提出議案について審議決定する。但し、細部にわたる事項については、理事会指定の委員会その他に、これを委託することができる。

第6章 経  理

(経費の支弁)
第21条 この連合会の経費は、教会少年少女会からの拠出金、奨励金及び献納金、その他の収入をもって充てる。

(予 算)
第22条 この連合会の歳入歳出は、毎年度予算をもって定める。

(決 算)
第23条 この連合会の決算は、毎会計年度終了後2カ月以内に作成し、監事の監査をうけ、理事会で審議のうえ、総会に報告して、その承認をうけなければならない。

(会計年度)
第24条 この連合会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。

(届 出)
第25条 この連合会は、毎年度の予算、決算及び主な行事計画とその実施状況を、連合本部並びに金光教〇〇教務センター(又は布教センター)に届け出なければならない。

第7章 補  則

(規約の変更)
第26条 この規約を変更するときは、理事会において議決し、更に総会の3分の2以上の同意を得、連合本部理事長の承認を得なければならない。
    但し、次の場合は、総会の議を経ることなく理事会の通常の議決をもって、これを改正することができる。
  (1)各条の本旨及び内容を変更することなく、文体を変更し、又は、字句を加除修正しようとする場合。

(事務所の所在地変更、役員の選定等の報告)
第27条 この連合会の事務所の所在地変更、また役員の選定及び変更、及び規約変更を行ったときは、理事長は、遅滞なく構成員へ通知すると共に、連合本部並びに教務センター(又は布教センター)に、すみやかに報告しなければならない。

(細則)
第28条 この規約を施行するため必要な事項は、細則で定める。
  2 細則は、理事会の議を経て、理事長が定める。

附  則

(施行期日)
第29条 この規約は、連合本部理事長の承認を得た日から施行する。

ときめきワールド掲載教会およびテーマ

このコーナーは、当機関誌「わかば」に掲載された教会の一覧表です。
これから少年少女育成活動に取り組みたいとお考えの方には必見です。
各会の、現在に至るまでの歩みや苦悩などを掲載しています。

※詳しいことは、連合本部まで(TEL、FAX、E-Mail 等)お問い合わせください。

教 会 名タ イ ト ルわかば掲載号
乙島少年少女会(岡山)こどもが企画の中心622、623号掲載
呼子少年少女会(佐賀)原点を忘れずに624、625号掲載
常盤木少年少女会(兵庫)お役に立つ木に626、627号掲載
藤枝少年少女会(静岡)稲作を通しての育成への取り組み628、629号掲載
筑紫本郷少年少女会(福岡)これからも願いを立てて630、631号掲載
平針少年少女会(愛知)祈り続ける633、634号掲載
光少年少女会(山口)月に一度の『遊びのひろば』635号掲載
扇町少年少女会(大阪)試行錯誤のなかで636~639号掲載
小野田市少年少女会(山口)人が育つ生きた教会へ640、641号掲載
諏訪教会(長野)子どもに信心を伝えさせていただく642、643号掲載
南和歌山少年少女会(和歌山)神様と手をつないで644、645号掲載
上分少年少女会(愛媛)信心の種を蒔く646、647号掲載
田染少年少女会(大分)願いを持ち続ける648、649号掲載
飯塚東少年少女会(福岡)お役に立つ人が育つように650、651号掲載
下田教会(山口)神様と共に行動を652、653号掲載
川上少年少女会(愛媛)人が育つ活動とは!655、656号掲載
日田少年少女会(大分)すべての活動のテーマは『感謝』657、658号掲載
浦和少年少女会(埼玉)地域の子供が育つために659660号掲載
山城少年少女会(徳島)一人ひとりとつながり合うことから661662663号掲載
児島赤崎教会(岡山)月に一度の集会から664、665号掲載
加治木少年少女会(鹿児島)1人でも、子どもが育つために取り組み続けて668、669号掲載
岡山少年少女会(岡山)祈りのなかでの信心教育671、672号掲載
中立売少年少女会(京都)KYOTOにこにこバンド誕生673、674号掲載
泉南少年少女会(大阪)育成への願い676、677号掲載
長門船木少年少女会(山口)少年少女会のあゆみ678、679号掲載
御南少年少女会(岡山)主役は子ども達大人は裏方・縁の下の力持ち680、681号掲載
鹿児島少年少女会(鹿児島)神様ありがとう!!-鹿児島教会少年少女会30年の歩み-682、683号掲載
四条畷少年少女会(大阪)お道の若葉は、お道の宝684、685号掲載
新居浜東少年少女会(愛媛)金光様ありがとうございます686、687号掲載
龍華少年少女会(大阪)少年少女全国大会への参加691、692号掲載
総社少年少女会(岡山)世のお役に立つわかばに696、697号掲載
南大垣少年少女会(岐阜)共に育つ願いを持って699、700号掲載
高須少年少女会(広島)備後のわかばも頑張っています703、704号掲載
美伯少年少女会(岡山)わかばの子と共にお育ていただいて705、706号掲載
大隈少年少女会(福岡)(前)次代の子どもをサポートする人づくりを (後)スカウトの発表 楽しいスカウト活動707、708号掲載
霊地少年少女会(岡山)ありがとうございます709~714号掲載
窪川少年少女会(高知)今こそ子どもに信心を!716~717号掲載
兵北元気バンド(兵庫県北部連合会)神様の氏子である一人ひとり717~718号掲載
落合少年少女会(岡山)切れそうで切れない、細くて長~い物語723、724号掲載
中泉少年少女会(福岡)動けば道はついてくる728、729号掲載
金岡教会(大阪)つながりたいんや732、733号掲載
柏原少年少女会(兵庫)こあらフォーゲル隊誕生物語735、736号掲載

『まごころ運動』の収集品

 

♥『まごころ運動』では、下記のものを収集しています♥

●平和の折り鶴
◇全国大会に寄せられた折り鶴を広島、長崎の
原爆慰霊碑にお供えします。
以下の要領で送ってください。
*7.5㎝四方の折り紙(市販しています)で、
色は自由です。
*130㎝に切った糸の下から100㎝まで
鶴を通して、上30㎝はあけてください。
*数を明記してお届けください。

●文房具
◇文具の種類、送付方法は以下のとおりです。
*えんぴつ、ノート、消しゴムなど、新品のものをお願いします。
*文具の総数を明記して送ってください。

●支援金
◇支援金は、「マザーランドアカデミー」を通して、
現地へ送る船便代や医療品等の購入資金となります。
※船便代の目安は、みかん箱程度
(3辺の合計が105㎝以内)で、
約2,500円です。

●使用済み切手
◇切手は剥がさないで、以下の要領で集めて送ってください。
*切手の周囲を5㎜程度あけて切り取ってください。
*枚数を明記してお届けください。
*外国切手や台紙から剥がした
切手がある場合は、
別にしてお届けください。

【受付できないもの】
・周囲のギザギザを切り取ったもの
・破れているもの
・ひどく汚れているもの

●使用済みカード
◇カードの種類等、以下の要領で集めて送ってください。
*テレホンカード、オレンジカード、ハイウェイカードなど、 公共性のあるもの
*枚数を明記してお届けください。

【受付できないもの】
・テレビカード、ゴルフカード、クオカード、回数券カードなど
・表裏面にペンなどで書いてあるもの
・折れているもの

※「日本キリスト教海外医療協力会」では、整理した切手を収集家に買ってもらい、その売り上げを海外医療資金の一部としています。また、「誕生日ありがとう運動本部」では、ボランティアの方が、収集した切手やカードを種類別に集め、しおりにするなどして、バザーや口コミで販売し、その売り上げを知力ハンディキャップ問題の社会啓発のための活動資金としています。

平成25年度まごころ運動 活動報告

 

まごころ運動って?

連合本部が進めている運動の一つで、日常生活の中で行うことができる取り組みを通して、子どもたちが「世のお役に立つ人」に育つことを願って1981年から推進しています。

2013年活動報告

昨年(2013年、平成25年)も、「まごころ運動」にお取り組み、ご協力いただき、ありがとうございました。 みなさまから寄せられた、たくさんの折り鶴、使用済みの切手やカード、文房具等は、昨年の教祖百三十年少年少女全国大会「わかば祭」にお供えし、

2014年8月 教祖様ご生誕200年全国大会
2014年8月 教祖130年少年少女全国大会

下記の寄託先へ送付いたしました。 支援金については、マザーランド・アカデミーへ文房具と共に送らせていただきました。 誌面後掲に、各寄託先の活動を紹介しています。 私たちが日常生活の中で行う小さな取り組みが、このように世のお役に立つ働きとして現れていることを、とてもありがたく思います。 少年少女会連合本部では、今後も引き続き「まごころ運動」をすすめてまいりますので、本年もより一層のご協力をよろしくお願いいたします。 ※ 「まごころ運動」は、連合本部事務局(本部総合庁舎七階南)で一年中受け付けています。

平成25年のまごころ運動の成果総 数寄 託 先
平和の折り鶴約226,868羽広島、長崎
使用済み切手約332,314枚日本キリスト教海外医療協力会、
誕生日ありがとう運動本部
使用済みカード約33,020枚誕生日ありがとう運動本部
文房具約2,353点マザーランド・ アカデミー
支援金98,645円