カテゴリー別アーカイブ: プロフィール

平成25年度まごころ運動 活動報告

 

まごころ運動って?

連合本部が進めている運動の一つで、日常生活の中で行うことができる取り組みを通して、子どもたちが「世のお役に立つ人」に育つことを願って1981年から推進しています。

2013年活動報告

昨年(2013年、平成25年)も、「まごころ運動」にお取り組み、ご協力いただき、ありがとうございました。 みなさまから寄せられた、たくさんの折り鶴、使用済みの切手やカード、文房具等は、昨年の教祖百三十年少年少女全国大会「わかば祭」にお供えし、

2014年8月 教祖様ご生誕200年全国大会
2014年8月 教祖130年少年少女全国大会

下記の寄託先へ送付いたしました。 支援金については、マザーランド・アカデミーへ文房具と共に送らせていただきました。 誌面後掲に、各寄託先の活動を紹介しています。 私たちが日常生活の中で行う小さな取り組みが、このように世のお役に立つ働きとして現れていることを、とてもありがたく思います。 少年少女会連合本部では、今後も引き続き「まごころ運動」をすすめてまいりますので、本年もより一層のご協力をよろしくお願いいたします。 ※ 「まごころ運動」は、連合本部事務局(本部総合庁舎七階南)で一年中受け付けています。

平成25年のまごころ運動の成果総 数寄 託 先
平和の折り鶴約226,868羽広島、長崎
使用済み切手約332,314枚日本キリスト教海外医療協力会、
誕生日ありがとう運動本部
使用済みカード約33,020枚誕生日ありがとう運動本部
文房具約2,353点マザーランド・ アカデミー
支援金98,645円

「まごころ運動」の各寄託先団体の活動内容

「マザーランドアカデミー」

いのちの尊さ、等しさを行動で子供たちに伝える母の会。1982年設立。
5才までの幼児の死亡率が世界で最も高い国々で、日本からの援助が最も少ないアフリカのマリなどの国へ日本の休耕田でつくられた協力米、衣料品、医薬品、文具などを船便で送っている。また、現地での援助物資の配布確認や植林、井戸掘りなどの援助、その他海外援助につながる多岐にわたる活動を展開しています。
※詳しい事業内容は下記のホームページへアクセスしてください。
http://www.mother-land.org

「日本キリスト教海外医療協力会」

1960年設立。海外の保健医療に恵まれない地域に医療従事者を派遣し、現地の草の根の保健医療の向上に協力しているNGOです。
※詳しい事業内容は下記のホームページへアクセスしてください。
http://www.jocs.or.jp/

「誕生日ありがとう運動本部」

自分の誕生日に、生かされているありがたさを感謝し、福祉に積極的に関わっていく日として、主に知力ハンディキャップ問題の社会啓発運動を推進している団体です。募金をはじめ、使用済みの切手とカード、ベルマーク、ロータスクーポン等を収集しています。
※詳しくは下記のホームページへアクセスしてください。
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/v-tanjoubi/