カテゴリー別アーカイブ: 未分類

少年少女の育成を考える『信奉者のつどい』を開催(2017年度)

平成29年ご本部天地金乃神大祭第一日の祭典終了後、信奉者のつどいを開催

 

講師 御船 信治 師 (宮城県 仙台教会)

 

講題 「祈りの中で」

 

(4月2日、於:修徳殿講堂)

この度の信奉者のつどいでは「祈りの中で」という講題のもと、人生を変えた出会いやご自身の体験、東日本大震災での出来事、また東北教区のサマーキャンプの御用を通して感じたお話をもとに、ご自身が歩まれ、ご経験されたお話をもとに、育成活動の大切さを分かりやすく丁寧に教えて頂きました。
また、お話しくださる先生のお姿に、先生のご信心そのものが現れ、私達も先生のご講話を通して、自らの育成に対する信心姿勢を見つめ直す機会ともなり、何より元気を頂くことができました。

平成27年まごころ運動 活動報告

まごころ運動って?

連合本部が進めている運動の一つで、日常生活の中で行うことができる取り組みを通して、子どもたちが「世のお役に立つ人」に育つことを願って1981年から推進しています。

2015年活動報告

昨年(2015年、平成27年)も、「まごころ運動」にお取り組み、ご協力いただき、ありがとうございました。 みなさまから寄せられた、たくさんの折り鶴、使用済みの切手やカード、文房具等は、昨年の第68回少年少女全国大会「わかば祭」にお供えし、


下記の寄託先へ送付いたしました。 支援金については、マザーランド・アカデミーへ文房具と共に送らせていただきました。 私たちが日常生活の中で行う小さな取り組みが、このように世のお役に立つ働きとして現れていることを、とてもありがたく思います。 少年少女会連合本部では、今後も引き続き「まごころ運動」をすすめてまいりますので、本年もより一層のご協力をよろしくお願いいたします。 http://www.wherecanibuycialisonline.com/ ※ 「まごころ運動」は、連合本部事務局(本部総合庁舎七階南)で一年中受け付けています。
平成27年のまごころ運動の成果総 数寄 託 先
平和の折り鶴約219,892羽広島、長崎
使用済み切手約398,279枚日本キリスト教海外医療協力会、
誕生日ありがとう運動本部
使用済みカード約25,290枚誕生日ありがとう運動本部
文房具約2,708点マザーランド・ アカデミー
支援金95,800円

年代別キャンプの募集(2016年度)

年代別キャンプ【8月3日(水)~6日(土)】

中学生・高校生年代の少年少女が、野営生活を通して天地の恩恵を感得し、参加者相互の交流をはかるとともに、自主性、創造性、社会性を高め合い、次期指導者としての成長を願って開催する。

①ジュニアキャンプ

中学生年代の野営活動(最大32人による野営)
場 所:胎金寺野営場(岡山県金光町)
応募資格:中学生年代の本教信奉者
参加費:5,000円

昨年の活動写真

②アドベンチャーキャンプ

高校生年代の野営活動(最大24人による野営)
場 所:愛媛県今治市宮窪町(通称:大島)
応募資格:高校生年代(15~18歳)の本教信奉者
参加費:7,000円

昨年の活動写真

申込み用紙ダウンロード
6月末までに大会事務局に郵送叉は提出してください。

少年少女の育成を考える『信奉者のつどい』を開催

平成27年ご本部生神金光大神大祭第1日の祭典終了後、信奉者のつどい

講 師   木村 雄二 師 (広島県 呉教会)

講 題  「前に向かう心」

(10月4日、於:修徳殿講堂)

この度の信奉者のつどいでは「前に向かう心」という講題のもと、在籍教会(広島・呉)御用、スカウト活動、また幼稚園での御用と、日々御取次を頂きつつ、前を向いて事柄に取り組ませて頂くことが、このお道の有り難いところであるということを、分かりやすく丁寧にお話しいただきました。
 また、冒頭でゲームを取り入れて聴講者にリラックスして頂いてからお話しくださる先生のお姿に、先生のご信心が現れ、拝聴者も先生のご講話や素振りを通して、自らの育成に対する信心姿勢を見つめ直す機会ともなり、何より元気を頂くことができました。