令和2年度 年間行事予定表

1/6事務局御用始め
1/7-10聖ヶ丘野営場整備作業
1/14会計監査
1/14-15学院研修所(講義)
1/14-15聖ヶ丘野営場整備作業
1/18-19金光シーカーズ(初会)
1/22-23常任理事会①
1/23-24第161回理事会
1/24-25令和2年度年次全国総会
1/27-28学院研修所(講義)
1/29わかば育成賛助会会計監査
1/29-30学院集会実習、野営準備
1/31-2/1学院冬季野営実習
2/3学院研修所(講義)、修了証授与式
2/3-4年代別キャンプスタッフ会議①
2/6わかば育成賛助会役員会①
2/18-19遠征スタッフ会議①
2/19-20大会実行委員会①
2/23金光シーカーズ(ご霊地整備)
2/下第19回ワークキャンプスタッフ会議
3/2広報委員会①
3/5-6常任理事会②
3/7-8【中止】第19回ワークキャンプ
3/7-8【中止】金光シーカーズ(ワークキャンプ参加)
3/26遠征スタッフ会議②(事前訓練準備)
3/27-29第12回少年少女遠征事前訓練
3/29【中止】信奉者のつどい(天地金乃神大祭第一日)
講師:柏原祐二郎師(広島県 中庄教会・事務局次長)
4/4-5【中止】金光シーカーズ(本部大祭御用奉仕活動)
4/下SB研DM所員会議
5/9-10【中止】指導者講習会(日田教会)
5/11【延期】霊地夜まつり代表者会議
5/23-24【延期】金光シーカーズ(遠征)
5/18-19年代別キャンプスタッフ会議②
5/19-20常任理事会③
5/20-21大会実行委員会②
5/25-26遠征委員会①
6/14【中止】わかば育成賛助会役員会②(教団独立記念祭時)
6/21大会事前作業(大会資材搬入)
6/21【中止】金光シーカーズ(大会事前作業参加)
6/21金光シーカーズ(代表者会議)
6/21以降毎週日曜大会事前作業予定
7/6-8大会実行委員会③
7/6-8年代別キャンプスタッフ会議③
7/11-12SB研JMスタッフ会議
7/19金光シーカーズ(大会事前作業参加)
7/29-30学院講習会
8/3-5年代別キャンプ事前準備
8/5-8年代別キャンプ
8/6全国大会本部開き
8/8-9第73回金光教少年少女全国大会
8/8金光シーカーズ(霊地夜まつりで広報活動)
8/10全国大会本部閉じ
8/15-19第12回少年少女遠征
9/1-2常任理事会
9/2-3第162回理事会
9/11-13SB研JM課程第28期
9/未定金光シーカーズ
10/4信奉者のつどい(生神金光大神大祭時)
講師:柏原祐二郎 師(連合本部事務局次長/広島県・中庄教会)
10/下相談役会
10/未定金光シーカーズ
11/14-15SB研DM課程第10期
11/未定金光シーカーズ
12/未定金光シーカーズ
12/13わかば育成賛助会役員会③(布教功労者報徳祭時)
12/下常任理事会
12/末事務局御用納め

Die das Bestellen der Notwendigen Medikamente mit der Nachhauselieferung auf der spezialisierten Webseite ermöglicht, jedoch nicht in so hohem Maße, beeinflusst alkohol die wirkung von Cialis. Der Abstand zwischen der Einnahme und dem sexuellen Kontakt kann aber auch 5-6 Stunden betragen, dies gilt insbesondere für diejenigen, seit Jahren hat erektile Dysfunktion.

第11回金光教少年少女遠征 事前訓練報告(2019年度)

3月23日から25日にかけて、第11回少年少女遠征の事前訓練を金光教福崎教会及び雪彦山野営場にて実施しました。
この度の訓練では、スタッフ6人のもと、3教会7人が隊員として参加し、本番に必要となる知識や技能を身につけるべく、「遠征について」の講義をはじめ、各講義、規律訓練、登山訓練、野営訓練等を行いました。緊張感のある訓練で、8月の本番実施にむけて一層結束した遠征団となりました。

2019年3月 金光シーカーズ ワークキャンプ参加

2018年3月16日~17日の日程で開催された連合本部主催のワークキャンプに参加した。

・参加人数  6教会16人
・活動内容  廃材からの薪作り、燻製・ロープワーク・重機・ダンプの講義及び実習、被災地での活動を想定しての炊事実習 等
・活動場所  聖ヶ丘野営場、木綿崎山

詳細はこちら【第18回ワークキャンプ活動報告】

第18回ワークキャンプ活動報告

3月16日から17日にかけて、第18回目となるワークキャンプを開催しました。ワークキャンプは、指導者の技能向上(スキルアップ)や、災害時の支援訓練等を目的として、毎年開催しています。
この度は、10教会21人、スタッフ8人が参加し、聖ヶ丘野営場と木綿崎山で講義及び実習活動を行いました。内容は、廃材からの薪作り、ロープワークの講義・実習、重機やダンプの講義・実習、被災地での活動を想定した炊事実習、夜の課業では燻製の講義・実習を行いました。
天候にも恵まれ、この度は、晴天・曇天・雨天を全て体感出来た二日間でした。それも含め、今回の講義や実習で身に付けた事を被災地での支援活動や今後の技能向上に発展させていきたいと願います。